2017年6月16日 23:08

「総理の意向」の説明、矛盾露呈 加計文書巡り、文科省と内閣府

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、16日の参院予算委員会の集中審議で「総理の意向」などと記された文書に関する文部科学省と内閣府の説明に矛盾が露呈した。山本幸三地方創生担当相は、萩生田光一官房副長官の指示があったとするメールの送信者を「文科省からの出向者で、陰に隠れ本省にご注進した」と非難。指示はなかったと説明した。首相は一連の対応への反省を表明した。

 菅義偉官房長官は記者会見で、矛盾を解消するための追加調査はしないとの見解を示した。