2017年10月5日 17:00

自宅近くで無差別に住民ら襲撃か 半径150メートル、動機を捜査

 東京都北区と板橋区の住宅や路上で、刃物を持った男が住民や通行人を次々と殴るなどして3人が負傷した五つの事件は、いずれも半径150メートル圏内で発生していたことが5日、警視庁への取材で分かった。同庁は、近くに住む飲食店従業員宮城奈央土容疑者(21)=公務執行妨害容疑で現行犯逮捕=が無差別に襲ったとみており、強盗致傷容疑でも捜査して詳しい動機を調べる。

 警視庁によると、五つの事件は5日午前8時5分ごろからの約20分間に発生した。北区赤羽西6丁目では、女性(73)が自宅で男に包丁を突き付けられ、クレジットカードなどを一時奪われるなど、三つの事件があった。