大森均の釣れ釣れ草

毒魚にご用心

2021年12月3日
ゴンズイの集合玉はフェロモンで統御されると言われる

 魚釣りに出かけてケガをすることはよくある。また、道具の扱いが不注意でケガをすること、転落事故など釣り場での危険は多々ある。それらは注意することで少しは低減できる。しかし、知識が無いために痛い目にあうことは簡単に避けられる。知ればいいだけだから。そこで、今回は、釣り場で出会う毒魚に気を付けよう、という話を。せっかくの釣行が台無しにならないよう注意を喚起する意味で実際にあった話をご紹介する。

 ▽かば焼きの代償

 こんなことがあった。海のナマズと言われるゴンズイは、ゴンズイ玉と言われるほど球体に群れをなして泳いでいる。夜行性であることから、夜釣りでこの魚が釣れ始めると、入れ食い状態になり閉口することがある。その姿と同様、ナマズに似て淡白で上品な味がし、料理法もかば焼きがうまいということは以前から知っていた。しかし、食欲がそそられない姿をしていることからそれまであえて食することはなかった。

 以前、夜釣りに出かけて他に目立った釣果もなかったことから、先ほどまでリリースしていたこの魚を、本来の卑しい食癖が出て「一度食べてみよう」という衝動が起きた。キープした10尾あまりのゴンズイを持ち帰った。死んでからも毒性が残る背ビレと胸ビレを慎重に料理バサミでカットしているその時、「痛ッ!」誤って左手の薬指を傷つけてしまった。ジンジン痛む。思わず「こんな魚なんか持って帰らんかったらよかった」。かば焼きの代償にしてはつり合わない被害に遭い、前回の味の評価を忘れたかのような勝手な言葉が出た。それでもその味はおいしかったような記憶がある。痛みでまどろみながら迎えた次の日、一番に病院に駆け込んだことは言うまでもない。2、3日で痛みが消えたが、それ以来ゴンズイは持ち帰ったことはない。毒は死んでも残っているので、堤防上に放置したりするのも厳禁だ。子供が触ったりすると危険極まりないし、うっかり腰かけたり手をついたときにこいつが捨てられていたら大変なことになる。

 ▽アカエイの尻尾

 スズキのエラはカミソリのように鋭いので、扱いに注意がいる。実際、十分承知しているつもりでも、跳ねまわる魚をつかもうとして不注意で指を切ってしまった経験が私にもある。しかし、これもタオルでつかむような準備があれば、ことなきを得たに違いない。泉南や明石沖の船釣りで外道として度々針がかりするガシラにそっくりなハオコゼは、5センチに満たない愛くるしい姿をした小魚であるが、ヒレに猛毒を持ち、刺されると目まいがするというほど痛むらしい。これとてもメゴチばさみを用意すれば対処できる。この類で最も恐ろしいのは、アカエイの尻尾というのはよく知られているが、万一、刺さり所が悪ければ、死に至るほどの強い毒をもっている。死んで浜辺に打ち上げられているアカエイの尻尾にも毒は利いている。それを踏みつけると、半年あまり正常に歩行ができないと聞いた。

週末のイチオシ気配

■船(1)■石鏡・三重

 ヒラメ期待。石鏡沖30〜40メートルポイントで同魚40〜60センチ2〜5尾にハマチ50センチ級1〜3尾まじる。オモリ60号。エサは生きイワシ。要予約。▽三幸丸=電話0599(32)5604

■船(2)■牟岐・徳島

 イシガキダイ好調続く。出羽島沖に出て同魚25〜55センチ15尾。ハリス12号、オモリ40号、エサはウニ、マムシ。要予約。▽第八光政丸=電話0884(72)1798

■船(3)■泉佐野・大阪

 タチウオが再び上昇気配。淡路沖で同魚70〜110センチ10〜25尾期待できる。タチウオテンヤ40号。要予約。▽海新丸=電話0724(69)2332

■船(4)■栖原・和歌山

 カワハギ堅調。白崎沖で15〜28センチがいい人で10〜20尾程度の安定した釣果が出ている。エサはアサリのむき身。要予約。▽かるも丸=電話0737(62)3527

■磯(1)■市江・和歌山

 グレ上向き。四ツ島、カゲ島、オオハ、カブトなどで30〜35センチ中心に10〜20尾の釣果がすでに出ている。イガミもホンダワラをエサに30〜40センチ5〜10尾。▽吉丸渡船=電話0739(52)3883

■磯(2)■南部・和歌山

 グレ好調。連日、一の島、ハテ、西カベなどで同魚25〜35センチ5〜15尾。他にアオリイカ0・3〜1・0キロが泳がせ釣りで2〜5ハイ。▽わだま渡船=電話0739(72)3995

■筏■志摩・三重

 チヌ終盤。1日、大崎筏で同魚26〜30センチ12尾(シラサエビ・オキアミ・コーン)。エサ盗りはヘダイ、アジ、フグ、ボラ、アイゴなど。▽大崎筏釣センター=電話0599(52)1619

■波止(1)■妻鹿波止・姫路

 グレ絶好調。同魚25〜30センチ10〜30尾程度見込める。1日、36〜31センチ30尾(5番テトラ側)。潮により良型のサヨリ(30センチ前後)10〜20尾。▽日の出渡船=電話0792(46)3030

■波止(2)■岸和田・大阪

 フカでチヌ良型狙える。同魚35〜45センチ3〜8尾。他に胴突き仕掛けやサビキ釣りで中アジ10〜20尾とカワハギ20センチ前後が5尾。▽岸和田渡船=電話072(436)3949

 (大阪日日APG 清水智之)



サイト内検索