2020年3月25日

米子市は5団体と3人表彰 日本海新聞ふるさと大賞

 「日本海新聞ふるさと大賞2019」(日本海新聞ふるさと創り事業団主催、鳥取県内各市町村、新日本海新聞社、日本海新聞販売店会共催)の米子市の部表彰式が24日、同市役所であり、地域貢献賞の4団体とスポーツ功労賞の1団体と3人を表彰した。

 地域貢献賞は、巌地区青少年育成会(南場千尋会長、地区民全員)、永江ささえ愛カーシェアクラブ(木下博夫代表、64人)、喜八プロジェクト(松村宏理事長、65人)、米子市スケートボード協会(小林佳彦会長、20人)が受賞。

 スポーツ功労賞は、水泳飛び込み競技の安田舞さん(17)=帝京高2年、パラ陸上競技の高橋峻也さん(21)=日本福祉大3年=と井上流生さん(23)=米子市新開、米子高専バドミントン部(谷藤尚貴顧問、25人)が選ばれた。

 式には伊木隆司市長や日本海新聞販売店会の岩田昭弘理事、市内の販売店主らが出席。伊木市長が「地域課題の解決に取り組んだり、市民に希望や勇気を与えたりしたことに感謝し、敬意を表します」と祝辞を贈り、受賞者を代表して喜八プロジェクトの遠藤彰理事が「活動を支えてくれた地域の皆さんにお礼を申し上げたい。一人一人が活動を続けていくことで地域が元気になると信じています」と謝辞を述べた。(浜先秀行)