2020年3月30日

共助交通 住民の足に 住民主体でカーシェアリング

 バスやタクシーの撤退で公共交通の空白地となった大山町逢坂地区で29日、住民が主体となって運営するカーシェアリングが発足した。軽乗用車1台をリースし、会員が利用頻度によって必要経費を負担。

会員登録すると続きをお読みいただけます。