2020年5月26日

ヒライマスク売り切れ続出 備蓄用購入は先延ばしを

 新型コロナウイルス感染症対策として、鳥取県がスーパーを通じて販売するマスクが25日、9割近くの売り場で品切れとなった。県は全世帯分のマスクを購入済みだが、不良品のチェックに時間がかかっており、備蓄用の購入は先延ばしにするよう呼び掛けている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。