大阪ニュース

関西ママが太鼓判 フジパンコラボ「スナックサンド」

2016年10月13日

 フジパン(名古屋市)は関西在住のママとコラボして考案した3種の「スナックサンド」(11月1日発売、関西・中四国エリア限定)の概要を12日、大阪市内で発表した。会議や試作品の試食を重ねてきたママたちは「子どもたちに食べさせたい。ママも満足できるおいしさ」と太鼓判を押した。

3月から会議や試食を重ねて「スナックサンド」を考案した関西在住のママさんたち=12日午前、大阪市北区

 スナックサンドは同社の主力商品の一つ。耳を落とした2枚の食パンに具材をサンドした、持ち運びが容易な“携帯サンドイッチ”として40年来親しまれている。

 昨年のパンの1世帯あたりの地域別年間消費支出は近畿地方が国一。これに目を付けた同社が「地区のママの意見を取り入れたものを具現化し成功に結びつけて、ほかのエリアにも波及させていきたい」(マーケティング部の増田稔課長)と今回のコラボ開発に至った。

 ママたちは仕事や趣味で活躍するママたちのコミュニティー「ジェネリーノ」に所属するリボンアーティストやカメラマンら7人。「食感」や「安心な食材」にこだわった総菜系1種とスイーツ系2種が誕生し、「手軽に、安心して食べられる。私たちの発信力で多くの人に紹介していきたい」と力を込めた。