大阪ニュース

8チーム覇を競う 大阪中学校春季選抜野球22日開幕

2017年4月21日

 「第71回大阪中学校春季選抜野球大会」は22日、3地区から上位8チームが出場して花園中央公園野球場で開幕する。組み合わせは別表の通り。

 北河内1位の関大第一は、大型左腕の角地が角度のある直球を武器に地区予選で躍動。攻撃でも角地がチャンスメークし、バントなど“つなぐ野球”で得点を重ねてきた。

 豊能1位の箕面三は、地区大会5試合で34得点と攻撃力が魅力。切れ目のない打線で、どこからでも長打が生まれる。特に強打者の岡本、坪井のパワーは注目だ。

 中河内を制したのは盾津東。堅実な守備に加え、上位打線を中心に大量得点も狙える。全員が声をしっかり出せる一体感があり、本大会でもチームワークを大切に臨みたい。

 開幕カードで関大第一と対戦する豊中十五・十六は昨秋に続いての出場で、エース福山が順調に成長。北河内準優勝の樟風は竹内−岸本のバッテリーを中心に守りからリズムをつくるチームで、盾津東との初戦は1回戦屈指の好カードだ。


サイト内検索