大阪ニュース

「くるり」回って京都の町再発見 阪急がスタンプラリー

2017年9月13日

 阪急電鉄は、京都出身のロックバンド「くるり」と連携した京都線沿線再発見スタンプラリー「『京都の大学生』編」を13日〜10月31日に実施する。

「くるり」の(左から)佐藤征史さん、岸田繁さん、ファンファンさん

 スタンプラリーは、昨秋に開催した人気企画の第2弾。くるりが立命館大学(京都市)の音楽サークルで結成されたバンドで、ボーカルの岸田繁さんは特に阪急電車のファンということもあり実現した。

 スタンプのデザインは、くるりの楽曲『京都の大学生』の歌詞と阪急電車のヘッドマークをイメージして作成。設置場所は京都線6駅(河原町、烏丸、大宮、西院、桂、嵐山)を最寄り駅とするカフェやスーパー銭湯などで、3カ所以上回った人に特製オリジナルステッカー(先着1万人)、6カ所すべての人には「くるりのライブに招待(抽選)」の応募用はがきをプレゼントする。

 また、スタンプラリーに合わせて岸田さん監修の缶バッジ(全7種類、1個300円)を1万個限定で、13日からアズナス梅田3階店や十三店などで販売する。

 阪急広報部は「くるりのファンはもちろん鉄道ファンや散歩に訪れた家族など、多くの人に京都の町を楽しんでほしい」とアピールしていた。


サイト内検索