大阪ニュース

「ユーリ」ファン詰め掛け 梅田で人気アニメ展

2017年12月30日

 人気アニメ「ユーリ!!!on ICE」の世界観を設定した展示会「ユーリ!!!on MUSEUM〜第12.2滑走わたしをグランプリファイナルに連れてって!!!INバルセロナ〜」が29日、大阪市北区茶屋町の梅田ロフト5階ロフトフォーラムで始まり、開場時には熱心なファン約350人が並んだ。

フィギュアスケートを題材にしたアニメの等身大衣装に見入る入場者=29日、大阪市北区の梅田ロフト

 年間通じて世界を転戦する各国の若き男子フィギュアスケーター十数人とコーチやスタッフを中心に、グランプリシリーズや最終のグランプリファイナルでの戦いぶりを描く青春スポーツ群像編。

 テレビ朝日制作で昨秋初登場し、折からの男子フィギュアスケートブームとも相まって人気に火がついた。展示会も夏に東京・渋谷で初開催して7万人、続く名古屋で2万人、さらに日本アニメ専門チャンネルで放映された台湾でも注目され2万人を集めた。

 会場には、アニメキャラクターが作品で着用していた衣装が等身大で再現され、グランプリファイナルで贈呈された金銀銅のメダルも作られる徹底ぶり。

 アニメの原画や素描きも多数展示されており、ファンあこがれのキャラクターの等身大フィギュアと記念撮影できるコーナーも。グッズコーナーでは、衣装と同じ材質で作られた髪留めが並び、来場者の大多数を占める若い女性が奪い合うように買い求めていた。

 テレビ朝日のイベント事業センター小倉啓輔さんは「平昌(ピョンチャン)冬季五輪も近く、フィギュアスケートの人気は上がっているが、アニメの方はもう少し若い世代の女性中心。作品中の演技曲もオリジナルで作り、実際の振り付けの方に動きの指導をしていただくなど、フィギュアスケート中継に力を入れている局として、リアルな美しさを表現した」と話した。

 ◇展示会は1月28日まで。当日券1300円、入場日の指定ができる前売り券は千円。いずれもキャラクターの音声ガイド付き。問い合わせは電話06(6359)0111、梅田ロフト。