大阪ニュース

“横山だいすけ色”お届け 親子で楽しめるライブ

2018年3月21日

 NHK番組「おかあさんといっしょ」で歴代最長の9年間“うたのおにいさん”を務めた横山だいすけが4月、大阪市中央区の大阪城ホールで「横山だいすけ Family Live 2018 in 大阪城ホール」を行う。「横山だいすけの何色ものカラーをお届けしたい」と、多ジャンルの楽曲を選曲し、ゲストを交えて親子で楽しめるエンターテインメントを目指す。

ファン向けのイベントで「地球カーニバル」を一緒に歌う横山だいすけ=大阪市内

 国立音楽大音楽学部声楽学科を卒業し、2008年からうたのおにいさんに。17年3月の“卒業”後は、ミュージカルコンサートツアー「だいすけお兄さんの世界迷作劇場 2017−18」で全国を巡回するほか、ドラマやバラエティー番組など多方面で活躍する。

 今回のライブは、“おにいさん”ではなく“横山だいすけ”と冠して初めて臨む。「あまり柔らかすぎず、大人もワクワクするような演出にチャレンジする」という。

 「ぼよよん行進曲」など番組でおなじみの曲やライブのための書き下ろし「地球カーニバル」、歌謡曲、ディズニーやジブリの曲も予定。ゲストの瀧本美織とは「ディズニーのデュエットが引き立つ曲」などを歌い、鈴木福、たこやきレインボーとも「いろんなハーモニーを楽しんでもらえるのでは」と胸を張る。

 さらに、大阪府立池田高ダンス部(14日)と同志社香里高ダンス部(15日)の出演も決定。「高校生とのコラボに一番ドキドキしている」と言うも、「どんな科学反応が生まれるのか」と楽しみにする。

 この1年でさまざまな新しいことを経験し、さらに歌への思いも強まったようだ。今後も歌を活動の真ん中に置き、「さまざまな経験が自分の糧になっている」という確信から、「臆することなく挑戦を続けたい」と笑った。

 公演は4月14、15の両日、いずれも午前11時、午後3時からの計4回。問い合わせは電話0570(200)888、キョードーインフォメーション。