大阪ニュース

公設民営中高一貫校「水都国際」 学校概要など発表

2018年10月31日

 2019年4月に、大阪市住之江区に開校する全国初となる公設民営の中高一貫校「水都国際」の管理、運営を担う大阪YMCA(大阪市西区)は30日、校長予定者と学校概要を発表した。世界に羽ばたく人材を育てるため、アクティブ・ラーニングのプログラム「国際バカロレアプログラム(IB)」を導入し、グローバルで活躍する資質を育む。

佐藤理事(中央)と学校運営の中心となるリーダーシップメンバーたち=30日、大阪市西区の大阪YMCA

 公設民営の中高一貫校は全国初。定員は当初、中高各1学年2学級80人で、24年度には中学各学年2学級、高校各学年4学級で計720人になる。教員は中東や米国など世界中から、IB教育の経験がある人材が集まる。

 市内で行われた会見で、校長予定者の学校法人大阪YMCAの佐藤裕幸理事(59)、教職スタッフが紹介された。佐藤理事は「生徒と教員が一つのチームとなって学校を作り上げていき、よりよい大阪のまちをつくっていきたい」と決意を述べた。

 中学は英語教育に重点を置き、標準より4時間多い週33時間授業を実施。高校は2年から英語運用能力を育成するコースなどを選択して学ぶことができる。


サイト内検索