あきない見聞録

本来の色映す鏡 化粧時に最適

堀内鏡工業
■代表者 堀之内茂美
■住 所 大阪市平野区西脇1の5の11
■電 話 06(6702)1987
■URL http://www.cr-horiuchi.co.jp/
2014年11月11日

くすみや黄ばみを解消 頭髪チェックにも

頭頂部を確認できる三面鏡

 安価な海外製品の波にさらされる鏡業界の中で、質を高めて差別化を図り、注目を集めているのが堀内鏡工業だ。一般的な鏡に映るというくすみや黄ばみを解消し、人の目から見た「本来の色」を再現。化粧時に役立つ「ナピュアミラー」シリーズとして展開している。

 ナピュアミラーは、廉価製品の普及や価格競争で鏡業界全体の業績が圧迫される中、差別化を図ろうと約10年前に開発した。

 堀之内茂美社長は「鏡に映る顔色と周りの人から見える顔色とは少し違う」と指摘する。

 一般的な鏡は、断面の部分に鉄分が多く、光が入ると青色を吸収。白色が黄ばんで多色にわたってくすみが発生し、顔色が青く再現されているという。そのため、化粧の際に色を濃く塗りすぎるといった可能性があるそうだ。

 同社は、透明なガラスや裏側の金属反射板との組み合わせなどを研究し「人の肌の色をより自然に美しく再現できるようにしたため、ファンデーションを合わせるのにも最適」と堀之内社長。その再現の度合いは化粧品業界から評価され、大手メーカーの記念品用製品として扱われることもあるという。

 多彩な場面で化粧の道具として役立とうと、スタンド用から手持ち用まで形状やデザインにこだわって商品化。10月には男性の需要を見込んだ製品も発表した。

 三面鏡を縦に置いた形状で頭頂部をくっきり映す「ヘアチェックナピュアミラー」。髪の毛の生え具合をチェックできる。約1年半前、男性から頭頂部を見る製品はないか問い合わせがあったのを機に開発を始めた。男性だけでなく、女性にとっても白髪染めといったケースで役立つとみている。

 堀之内社長は「需要に合わせた商品開発を手掛けていく」と強調。ナピュアミラーシリーズ以外の展望も描く。

 高齢化が進む中、「高齢者が化粧を楽しむと元気になる」という話に注目。ガラスだと落として割れる可能性があるため、割れない鏡でより品質の高い製品の展開に意欲的だ。

 堀之内社長は「人の役に立つツールとしての鏡の可能性を掘り下げていきたい」と意気込む。


最新記事