2020年5月9日

表情読めぬマスク姿 聴覚障害者 曇る日常

 新型コロナウイルスの感染拡大が、聴覚障害者の生活に影響を与えている。予防のためのマスクの着用で口の形や表情が読み取れず、日々移り変わる新型コロナウイルスに関する情報保障も十分とは言えない。密閉、密集、密接の「3密」を避けるための自粛が続く中、高齢聴覚障害者の孤独感も高まっており、

会員登録すると続きをお読みいただけます。