記憶をつなぐ 戦後78年(1)「日本のため」懸命に 飛行機燃料用松やに採取

岡本昭子さん(92) 岩美町小羽尾 

  • 八上小時代の写真が入ったアルバムを読み返しながら当時を振り返る岡本さん=3日、岩美町小羽尾

 松の香りが、あの夏の日を思い出させる-。岩美町小羽尾の岡本昭子さん(92)は鳥取市河原町天神原で育ち、地元の八上小学校に通っていた。当時13歳。高等科1年のころに国策として始まった「松やに」を採取す...

残り 995 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事