過酷さ想像以上 安全確保が急務 複合的要因で支援大幅遅れ 能登地震

輪島市から帰還、日赤鳥取救護班長 山代豊救急部長に聞く

  • 輪島市から穴水町へ向かう途中の車内から撮影した渋滞の様子。落石や道路の崩落などが行く手を阻んだ=7日(山代救急部長提供)
  • 被災地の現状や求められる支援について語る山代救急部長=9日、鳥取市尚徳町の鳥取赤十字病院

 今月1日に発生した能登半島地震で、被災した石川県輪島市に派遣された日本赤十字社鳥取県支部の救護班が8日に帰還した。医師として阪神大震災や東日本大震災への派遣経験があり、今回の救護班で班長を務めた鳥取...

残り 864 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事