2020年2月13日

鹿野で食用ザリガニ養殖 東京のベンチャーが事業

 鳥取市鹿野町で今春、食用アメリカザリガニの養殖事業が始まる。事業を展開するのは同市出身の三宅大地さんが社長を務める東京のベンチャー企業。耕作放棄地を養殖場として活用し、都市部の中華料理店に売り込む。将来的には養殖場の観光地化や雇用の確保につなげたい考えで、カニに並ぶ新たな鳥取県の特産品化を目指す。

会員登録すると続きをお読みいただけます。