2022年5月7日 21:30

陸上1万m、女子は広中2連覇 世界選手権代表に、男子は相沢V

 陸上の日本選手権1万メートルは7日、世界選手権(7月・米オレゴン州)の代表選考会を兼ねて東京・国立競技場で行われ、女子は東京五輪7位の広中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分30秒34で2連覇した。萩谷楓(エディオン)が2位、五島莉乃(資生堂)は3位。既に参加標準記録(31分25秒00)を突破していた広中、五島が世界選手権の代表に決まった。

 男子(タイムレース)は日本記録保持者で東京五輪代表の相沢晃(旭化成)が27分42秒85で2年ぶり2度目の優勝を果たした。昨年優勝の伊藤達彦(ホンダ)は2位。市田孝(旭化成)が3位だった。