12
Vol.337 2020.12.24

TOP>>うさみみメディカル>>vol151

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Q.どうして、フッ素イオンで歯が丈夫になるの?
A.フッ素が歯をコーティングして くれるからです。フッ素が歯に 取り込まれると、酸に強いフル オロアパタイトが形成され、む し歯を予防し丈夫で健康な状
態の歯を保つこと ができるからです。
 ご家庭でフッ素入りの歯磨き剤や洗口剤などを使用して歯にフッ素を取り込むこともできますが、歯に取り込まれにくいフッ素を歯科医院の「フッ素イオン導入器」を使用して、フッ素をイオン化させ、より効果的に取り組むことができます。

 「フッ素イオン導入法」とは、専用機「パイオキュアー」でフッ素をイオン化(−)し、マイナスの引き合う力を利用して、フッ素を歯に取り込ませます。フッ素は、単体では不安定な元素のため、常に他の元素と結合していますが、専用機によってフッ化ナトリウムを電気的に分解することでフッ素をイオン化させます。歯の隅々まで取り込みやすくなるのが特長です。 また、フッ素には、細菌繁殖抑制効果があります。イオン化されたフッ素が、歯の根管の細部まで行き渡ることで、通常の薬液では届きにくい部分を消毒したり、炎症を起こした組織の消炎作用など、さまざまな根管治療(感染根管治療、閉鎖根管治療、抜髄後の処置など)にも応用されています。歯の根管の病気が少なくなります。

 近くの専門医に相談してみてはどうでしょうか。

谷口歯科医院 理事長 谷口 雅人さん



皆さんが日頃思っている身体についての疑問や悩み、健康についての質問などを鳥取市内の専門医にQ&A形式で応えて頂くコーナーです。
皆さんからの投稿お待ちしております。




トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)