3
Vol.341 2021.3.11

TOP>>うさみみメディカル>>vol170

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Q:神経をとった歯もむし歯になるって本当ですか?
A:痛くないからこそ要注意! 歯の寿命に大きく影響するので、神経をとった歯を大切にしてください。
 むし歯は進行して神経まで達すると、激しい痛みを引き起こします。このような場合、神経を取り除く治療が必要になります。しかし、神経を取り除いたからといって、もう二度とむし歯にならないわけではなく、再びむし歯になって進行すれば、最悪の場合、抜歯をしなくてはならなくなります。

 もし神経があれば、むし歯になっても痛みがあるため早く気づきます。しかし、神経をとってしまった歯は、再びむし歯になっても痛みを感じないため気づきにくくなります。さらに、神経は痛みを感じるだけではなく、実は「歯に栄養分を送る」という大切な役割を担っています。つまり、神経をとってしまった歯は栄養が行き渡らないため、もろくなりやすく寿命も短くなりがち。しかも一度むし歯になっているということは、その歯はそもそも磨きにくくなっているなど、むし歯になりやすい環境にある歯です。そんな悪条件が重なっているからこそ、神経を抜いた歯は十分な注意が必要になります。

 こうした歯を守るには、まずブラッシング指導を受けて、磨き残しがないかチェックし、そのうえで、歯ブラシだけでなくフロス・歯間ブラシなどを使って、確実にプラーク(歯こう)を除去できるようになりましょう。もちろん、定期健診も忘れずにうけてくださいね。

秋山歯科医院 副院長 秋山 剛久さん



皆さんが日頃思っている身体についての疑問や悩み、健康についての質問などを鳥取市内の専門医にQ&A形式で応えて頂くコーナーです。
皆さんからの投稿お待ちしております。




トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)