3
Vol.341 2021.3.11

TOP>>うさみみメディカル>>vol173

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Q.「つめもの」をしてもむし歯になることがあるのですか?
A.「つめもの」をしても「二次むし歯」になる可能性もあるので注意してブラッシングしてください。
 小さなむし歯など、歯を削る量が少ない場合は、削った箇所を「つめもの」で補います。治療後は「むし歯がなくなってよかった・・・」と思われるかもしれませんが、実は、治療をしたからこそ気をつけなくてはならない点があります。

 「つめもの」はできる限り精度を高めて製作していますが、使用による摩耗や接着剤が溶けだすなどの原因によって、どうしてもわずかな隙間や段差ができてしまいます。すると、そこにプラーク(歯こう)が入り込み、また新たなむし歯ができてしまいます。こうしてできたむし歯を「二次むし歯」といい、実はとてもなりやすいむし歯の一つです。もしも、舌などで触ってわかる程の隙間や段差がある場合、二次むし歯になるリスクがとても高くなります。

 また、お餅やキャラメルなどを食べていると「つめもの」がとれてしまったり、あるいは硬いものを食べて欠けてしまうこともあります。こうしたところにはプラークがたまりやすく、しかも歯磨きをしてもしっかりとれない場合がほとんどですので、放置すると確実にむし歯になります。痛みがでるまで放っておくと、神経をとらなければな らなくなり、治療が大掛かりになるばかりか、歯の寿命にまで影響します。

 歯は治療したからもう安心、というわけではありません。治療したからこそさらなる注意が必要になりますので、むし歯の再発を未然に防ぐためにも、ぜひ定期的に歯科医院でチェックを受けましょう。

秋山歯科医院 副院長 秋山 剛久さん

皆さんが日頃思っている身体についての疑問や悩み、健康についての質問などを鳥取市内の専門医にQ&A形式で応えて頂くコーナーです。
皆さんからの投稿お待ちしております。




トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)