2020年5月27日

昭和の粋な柄ずらり わらべ館で手拭いの企画展

 昭和初期から半世紀にわたり、鳥取市で郷土玩具を作り続けた「柳屋」初代、田中達之助さんが集めた手拭いを紹介する企画展が、鳥取市西町3丁目のわらべ館で開かれている。近年、新たなデザインや使い方で見直されている手拭い。地元の名所や郷土玩具の絵柄も並び、鑑賞用として親しまれた手拭いの魅力を伝えている。7月12日まで。

会員登録すると続きをお読みいただけます。